日本海事興業株式会社

Recruit Infomation Recruit Infomation

求人情報

Recruit Infomation

Corporate Infomation Corporate Infomation

日本海事興業について

高い志を持った技術者集団

当社乗組員は同業他社がひしめきあう、全国でも有数の海域でタグボートの運航に携わっています。

年々高まるタグボートへの技術的要求に対し、最新鋭の設備を駆使して応えるため不断の努力を重ね、業界でもトップクラスの運航技術を誇っています。

将来の船長・機関長候補として共に働いてみませんか!

Work Work

日本海事興業の仕事

タグボートの運航に携わる

タグボートの乗組員には多くの技術、資質が求められます。

特徴的な推進装置(Z型プロペラ)を搭載するタグボートは在来船に比べ特殊な操船技術が必要となりますが、熟練の船長はタグボートを手足のように操ります。

複雑な構造を有するZ型プロペラを含むエンジンプラントは機関長をはじめ、機関部乗組員により整備維持され、安全運航の根幹をなしています。

同じ目的を持ち団体生活を送る一隻の船は時に家族に例えられ、燦燦と輝く海の景色に共に感動し、厳しい時化を乗り越えた後の一体感は一入です。

お互いをリスペクトし、思いやり、助け合う。

そして安全作業のため結束し、生まれるチームワークはまさに「One for all, All for one」の精神が生かされています。

Work Style Work Style

海上職のワークスタイル

海上従業員(2020年1月現在)

総人員58名(甲板部31名・機関部27名)

平均年齢43歳

平均勤続年数18年

平均休暇日数129日(2018年度)

平均乗船日数263日(2018年度)

平均年収780万

海上従業員
出身地

海上従業員
出身校

まとまった休暇の取得

当社乗組員は「乗船休暇制度」に基づき配乗されます。

60日~70日の乗船後、20日~30日の陸上休暇を取得します。

港湾タグボートでありながら、長期休暇を取得できる全国でも希少な就労体制となっています。

乗船中は船内居住が基本となり、皆で協力して食事の用意や船内清掃等を行いますが、アットホームな雰囲気の中、日々の業務に従事しています。

日本海事興業の乗船休暇制度による配乗サイクル
Colleague Voice Colleague Voice

先輩社員の声

平成3年入社船長松本 学

「タグボートはおもしろい」

VIEW MORE

平成14年入社機関長渡邊 健司

「僕たちは縁の下の力持ち」

VIEW MORE

国立海上技術短期大学校専修科 第17期卒業一等航海士中岡 豊

「目標は船長です」

VIEW MORE

国立海上技術短期大学校専修科 第29期卒業機関員宮崎 圭汰

「日々勉強です」

VIEW MORE

平成29年入社営業グループ髙川 元気

「船の業界は奥が深い…」

VIEW MORE
Recruit Recruit